おならと乳酸菌

臭がる女性

おならとは、肛門から排出される気体を指し、それが呼気により吸いこんだ気体でも、腸で発生したガスも含めおなら又は屁と表現されます。

人間は生きているだけで、平均一日に合計0.5~1.5リットルの量のおならを5回から20回におならをしているようです。

腸内で発生するガスの9割は体外から呼吸や飲食事に吸い込んだ空気で、残りの1割は腸内細菌が生命活動で発生させたものです。

つまり、同じガスですが呼気以外のものは、食物と摂取した内容物が腸内で腸内細菌が分解する時発生したものがおならになるのです。

おならに含まれる成分は、外から吸い込んだ物には、窒素、酸素、体内の腸内細菌が発酵させた物には、メタン、二酸化炭素、硫化水素、アンモニア、インドール、スカトールでこれらは有害な物質です。

腸内で発生したガスにも二種類あり発酵型と腐敗型に分けられます。

発酵型は、食物中のセルローズ、炭水化物、脂肪が腸内で発酵し、二酸化炭素、メタンが排出されこれは、イモや豆を食べることで発生しますが、あまり臭いはありません。

腐敗型は、タンパク質や脂質が分解する時に発生し量は少ないが、主成分が、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素で有害である上に非常に臭います。

腸内には、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌がありタンパク質や脂質を分解してこれら有害なガスを発生させます。

これら悪玉菌が発生させたガスは腸から吸収され、血流に乗り体中に充満し、おなら以外でも体臭や口臭の原因となります。

おならの臭いを抑える

これらおならのにおいを臭くする成分を作るのが悪玉菌なので、悪玉菌を減少させることでガスも減少させることができます。

悪玉菌は、アルカリ性で増殖し酸性の状態だと増殖できませんが、善玉菌は代謝をすると有機酸と言い乳酸や酢酸を産生しこれらの酸が悪玉菌の増殖を抑制します。

ですので、オナラの臭いを抑制したりガスの発生を抑制したい場合は、善玉菌を摂取し善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を豊富に摂取すると良いでしょう。

zendamaranking