プロバイオティクス

健康的な女性

善玉菌のような有用菌が、生きたまま腸に到達すると多くの有機酸(乳酸、酢酸)を作ります。

有機酸は有害菌の増殖を抑え、腸内腐敗の防止、腸内菌叢を良い状態に保ちます。

また、有機酸は、腸管の運動を活発し、栄養素の消化・吸収を向上させます。

善玉菌は腸内の有害物質を吸着し、免疫機能を高め等の様々な健康に資する作用があります。

腸内環境の改善作用

善玉菌が作る乳酸と酢酸は、腸内を弱酸性にし、有用菌には住みやすく、有害菌には住みにくい環境を作ります。

研究により善玉菌が増えると大腸菌群は減少することがわかってきました。

善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことで腸内の細菌バランスが改善されると、悪玉菌が作る有害物質の生成が抑制されます。

有害物質には、インドール、P-クレゾール、アンモニアなどがあります。

インドールは、悪玉菌が腸内でたんぱく質からつくる有害物質ですが、健常者は肝臓で解毒されインディカンになり尿中に排泄されます。

尿中インディカン量を測定することにより、腸内インドール量を推定できます。

P-クレゾールは、腸内の有害菌によってたんぱく質からつくられる発がん促進物質です。

アンモニアは、アミノ酸から腸内菌によってつくられる有害物質で、血液中に入ったアンモニアが脳に達すると、肝性昏睡など病気を引き起こす危険な物質です。

便通作用

善玉菌によりつくられた乳酸と酢酸は、腸の運動を活性化させ、便の水分を調節して便秘や下痢を改善します。

感染症を防ぐ作用

善玉菌は、悪玉菌は腸内で増殖することを抑え、体の免疫力を高め、食中毒の原因菌やウイルス感染を防ぎます。

実際の実験では下記の効果が認められたそうです。

有用菌摂取によるカンピロバクターの除菌効果

有用菌投与による腸管出血性大腸菌の感染防御効果(動物試験)

有用菌投与によるインフルエンザウイルス感染防御効果(動物試験)

有用菌の飲用によるピロリ菌の除菌効果

発がんリスク低減作用

善玉菌の中には、発がん物質を体外に排出したり、体の免疫力を高めることなどにより、発がんリスクを低減します。

こちらも研究により下記の効果が認められているようです。

有用菌による表在性膀胱がんの再発抑制効果

有用菌の習慣的飲用による膀胱がん発症リスクの低減

有用菌飲用による便中の変異原性物質の低下

発がん物質の減少はがんになるリスクを減少させることを意味します。

免疫調整作用

免疫とは、病原菌やウイルス、がん等などの異物である病原体から人体を守るシステムです。

免疫の中で重要な役割を果たすのがNK(ナチュラルキラー)細胞で、NK細胞の働きの強さ(NK活性)が免疫力を知るバロメーターとされます。

これらも実験により下記の効果が期待できることがわかってきております。

有用菌の継続飲用によるNK活性の上昇効果

有用菌による潰瘍性大腸炎の増悪予防

有用菌による花粉症の自覚症状の緩和効果

zendamaranking