体臭と乳酸菌

体臭の原因

体臭の原因は、大きく分けて外部的要因と内部的要因の二つあり、外部的要因は皮膚から分泌された汗や皮脂を雑菌が分解する時に発生するガスが臭う場合と内部的要因では腸内で発生したガスが皮膚から放出する場合があります。

外部的要因

皮膚には皮脂を分泌する皮脂腺と汗を分泌する汗腺があり、皮脂腺は皮脂を分泌する事で皮膚を潤す働きがあり、汗腺は汗を出す事で体温の調節をしています。

また、皮膚には皮膚常在菌と呼ばれる細菌が皮脂膜に常い一定数存在しています。

皮脂や汗は分泌された時点では無菌のため無臭ですが、皮膚の常在菌がこれらの分泌液の脂質をタンパク質を分解し臭いの有るガスを出す事でこれが体臭となるのです。

汗と皮脂により変化する臭い

エクリン腺とアポクリン腺の2種類がありそれぞれ役割も違えば、分泌される成分も異なるため発生するニオイにも違いがあります。

エクリン腺とは

エクリン腺は、サラっとした汗を分泌することが特徴で、全身の皮膚に広く分布しており、体温調節に使われる汗を分泌します。

エクリン腺から分泌される汗は、水が中心で塩分、アミノ酸、尿酸なども含まれます。

この種類の汗は、時間がたつと菌が増殖しアミノ酸などが分解されガスが発生して臭います。

アポクリン腺とは

アポクリン腺が分布している部位は、わきと性器周辺で、分泌される汗は、水の以外ではタンパク質、脂質、脂肪酸など雑菌が分解すると強い臭いを発する成分が含まれます。

男性の体臭を同性よりも女性がより敏感に感じると言われ、アポクリン汗のニオイは性的に異性を惹きよせるフェロモンであると考えられています。

汗と皮脂による体臭の対策

この種の体臭は、体を清潔に保つことで体臭を防ぐことができます。

内部的要因

皮膚に常在菌があるように腸内にも腸内細菌と呼ばれる常在菌が存在します。

口から入った細菌は通常であれば胃を通過する時に強力な胃酸で死滅してしまいますが、腸内細菌は死滅せずに腸に到達し常在します。

腸内細菌にも健康に有益な善玉菌と健康に有害な悪玉菌があり、悪玉菌は人間が食べた脂質やタンパク質を腸内で分解しインドールやスカトールなどの有害ガスを発生させます。

これら悪玉菌が生成した有害ガスは、腸にダメージを与えるだけではなく、腸で吸収されると血流に乗り全身へ運ばれ、肺から排出されると口臭となり、皮膚から排出されると体臭となります。

これら腸内で発生したガスを減らすには、発生源となる悪玉菌を減らさなければなりません。

善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌は、腸内でオリゴ糖を栄養源に有機酸とよばれる成分を生成します。

これら善玉菌が生成した有機酸は腸内を酸性に保つために、酸性の環境が苦手な悪玉菌を減らす事ができます。

有機酸は口から摂取すると途中で吸収され腸まで届かないので、腸内で生きた善玉菌に有機酸を生成させることでこの効果が望めます。

ですので善玉菌を摂取する場合は、胃酸に負けない強い善団菌を選ぶと良いでしょう。

zendamaranking