善玉菌を増やす食事

家族の食事

腸内環境を良い状態に保つには、善玉菌を増やすことですがどのようにすれば良いのでしょうか?

善玉菌のエネルギー源となる栄養素の摂取

腸内の善玉菌も生物なので栄養を摂取しなければならないのですが栄養源は人間と同じではありません。

つまり、人間が食べた飲食物は腸まで消化されながら進みますが善玉菌はそこからは栄養摂取ができないのです。

善玉菌が栄養素にできるのは難消化性の物質だけで、オリゴ糖と食物繊維がそれにあたります。

オリゴ糖は、通常の糖とは異なり胃や腸で消化されずに大腸まで届き、善玉菌のエネルギー源となります。

オリゴ糖が含まれる食材は、牛乳、ハチミツ、タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、トウモロコシ、ネギや、大豆、バナナ、などに含まれています。

食物繊維も消化されずに腸まで届いたものは善玉菌のエネルギー源になります。

食物繊維を含む食品として穀物、芋類、豆類、海藻類、キノコ類、コンニャク、ゴボウ、ニンジンなどの野菜がおすすめです。

また、食物繊維は腸内に溜まると腸を刺激し腸のぜんどう運動を活発にしますので便通異常の改善にも役立ちます。

善玉菌を多く含む食品

腸内に既に存在している善玉菌を増やすことも大切ですが、善玉菌を食品として摂取すると効果的です。

善玉菌を含む食品は発酵食品が多くヨーグルトやチーズ、漬け物、キムチ、味噌、納豆などに、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が含まれます。

善玉菌は腸内に入っるとだいたい1週間程滞在してから排出されますので定期的に摂取しなければなりません。

適度な運動、ストレスの少ない生活を心がける

腸内環境は生活習慣やストレスにも影響を受けますので乱れた生活をしている場合はこちらも気をつけましょう。

ストレスが加わると自律神経が影響を受けて腸の消化液の分泌が抑制されます。

消化液が抑制されると悪玉菌が増殖できる環境になり悪玉菌が増えるとアルカリ性になり善玉菌は減少します。

バランスのよい食生活と規則正しい生活、良質な睡眠、適度な運動で自律神経を働かせ、ストレスなどはためないようにしましょう。

腸内環境は人によって存在する細菌の数や種類などバランスが違うので、腸内環境に合っているかは2週間程度、同じ製品を摂取してみましょう。

便通の改善がみられるようならば、続け合わなければ変えてみるのも良いでしょう。

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いため、空腹時などの胃酸が多い時間は避け胃酸が薄まる食後に摂りましょう。

zendamaranking

関連記事